バルトレックスの市販品はあるの? 他の市販薬と一緒に使っても平気?

バルトレックスは市販されてるの? 市販薬とは併用できる?

バルトレックスの市販品という物は存在しません。となるとどのような方法で手に入れることができるのでしょうか。

 

バルトレックスを市販することは法律で禁止されている

バルトレックスは様々な法律で市販薬として販売されることは禁止されています。仮に近所のドラッグストアなどで市販されているのを見つけても、決して購入してはいけません。バルトレックスは法律で定められ、一般販売を行うことはできません。まがい物であれば買う意味はまったくありませんし、逆に本物であればそれは違法な商品です。なんらかのトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、今後その店で買い物はしないことをおすすめします。

 

バルトレックスを販売できるのは、ごく一部の業者(都道府県知事から認定を受けている)のみです。そういった業者だとしても、更に取引先も規定されており卸すことのできるのは医療関係者だけになっています。近所のドラッグストアに置いてあるわけがないのです。

 

バルトレックスが絶対に必要なのであれば、まずは病院を訪れて受診して処方箋をもらうのが正攻法だと言えます。怪しげな偽物を買わされる心配は皆無ですし、治療に関する助言やバルトレックス以外の薬が必要だったとしてもそれらも併せて入手できます。

 

しかし、病院に行くにはいつでもという訳にはいかず、ある程度まとまった時間の確保が必要です。多忙だったり、仕事時間と病院が開いている時間が被っている人にとってはなかなか訪れづらいでしょう。バルトレックスが欲しいだけで特に診察は必要ない、という方にとっては診察代や交通費ももったいないですね。これらを節約してもっと安くバルトレックスを手に入れる方法があるのです。

 

バルトレックスを少しでも安く購入したければ個人輸入代行

国内では市販されていない、一般のお店では買えない医薬品をお得に購入できる手段として個人輸入代行が脚光を浴びています。普段からネットでたくさん買い物をしている方の中には既に利用されている方もいるでしょう。

 

日本国外なら一般販売されており、手近な薬局・ドラッグストアなどに行けばすぐに手に入るのに、日本では市販されていない医薬品もあります。こういった商品は個人輸入代行を利用すれば簡単に購入が可能です。病院に行くしか手に入れる方法がないと思っていたバルトレックスも手軽に入手できます。

 

個人輸入代行を使えば、薬が切れたからまた病院に行かなきゃ… といった心配はありません。診察を受けませんの当然診察費はかかりませんし、病院へ行く為の交通費もカットできます。若干の手数料はかかるものの、病院へ行くことを考えるとトータルでかかる費用はかなり削減できるでしょう。買い方も普段ネットショッピングを利用しているのであればすんなり使える程度の簡単なものです。手間もかかりませんから多忙な方にもおすすめできます。

 

とはいえ、「個人輸入なんて今はじめて知った」という方はどの個人輸入代行業者を使えばいいのかわからないでしょう。というわけで、お得な買い物をするためにはどの業者を選べばいいのか、わかりやすくランキング形式でご紹介します。

 

※バルトレックス1000mg 最安価格(1錠あたり)です。

  1錠価格 送料 ショップ 詳細
188円(最安値!) 無料 オオサカ堂 詳細
200円 無料 アイドラッグマート 詳細
204円 無料 アイドラッグストア 詳細

 

値段で見ると一番安いのはオオサカ堂になります。安いからと言っていきなりの大量購入はおすすめできません。最初はお試しで1箱購入し、薬が気に入ったら多めに買うといいでしょう。

 

バルトレックスの効果を知ろう

 

バルトレックスを個人輸入で購入しても、使い方が分からないと意味がありません。↓のサイトでバルトレックスの飲み方や効果について解説されているので、一度チェックしましょう。注意点なども詳しく書いてあるので参考になります。

 

→バルトレックスの効果について解説したサイト

 

 

バルトレックスを市販薬と一緒に飲む際に気をつけること・飲み合わせ

個人輸入代行業者を使うと、バルトレックスとお得にかつ簡単に購入可能です。ですが、実際に服用する前に飲み合わせについて調べておく必要があります。

 

もしも病院で受診し、処方箋をもらった場合には既に医師の方で飲み合わせに関しては考慮済みです。もしも、既に他の薬を別の病院でもらっていたとしても、医師に現在どんな薬を飲んでいるか伝えさえすれば、その薬との兼ね合いも考えてくれるでしょう。しかし、個人輸入代行で手に入れる薬は飲み合わせを自分で考慮する必要があります。世の中の薬は色々な性質を持っていますから、一緒に飲むとよい効き目をもたらす薬もあれば、悪影響のある薬もあります。ここからはよく使われる市販薬とバルトレックスの飲み合わせについて解説していきます。

 

解熱鎮痛剤(NSAIDs)使用時の注意点は?


市販薬の中でも、解熱鎮痛剤の一種NSAIDs(ボルタレンやロキソニンなど)は長い期間使い続けることで胃の粘膜が荒れてしまったり、症状が悪化すれば胃潰瘍になってしまうこともあります。

 

一方、バルトレックスの副作用はとても小さいものですが、下痢・吐き気といった症状が現れることもあります。

 

バルトレックス単独使用であれば、治療の為なら無視していいレベルの副作用ではあります。しかし、NSAIDsの副作用が重い状態であれば状況は変わってきます。胃潰瘍や逆流性食道炎で消化器がダメージを受けている状態であれば、少しの吐き気でも要注意です。

 

なので、NSAIDsの服用による副作用が重い状態ではバルトレックスの併用は考え物です。NSAIDsではありませんが、カロナール(一般名:アセトアミノフェン)のような胃の負担が軽い鎮痛剤への切り替えも検討しましょう。市販されていない薬ではありますが、NSAIDsとしては例外的に胃への負担がないセレコックスに変えるという案もあります。

 

飲み合わせ以外の要注意点

ここまでは純粋に解熱鎮痛剤(NSAIDs)とバルトレックスの相性についてに関して書いてきましたが、実はそれ以外にも考慮する点があります。

 

まず、バルトレックスを服用する理由として

 

  • ヘルペス
  • 帯状疱疹
  • 水疱瘡

 

といった症状の治療が目的であることがほとんどだと思います。この中でも、水疱瘡の治療中には絶対にNSAIDsを使用してはいけません。

 

水疱瘡に掛かっている時の使用禁止成分は多く、安易に手元にある薬品を利用するのは危険です。インフルエンザの高熱をロキソニンなどのNSAIDsで解熱してしまうと脳症のリスクがあります。同じように水疱瘡の場合も脳症や肝臓の障害などにより死亡する可能性もあります。命に関わる重大なポイントですので覚えておいてください。

 

もしもどうしても熱でつらく、なんとか市販薬でしのぎたいということであればアセトアミノフェンを使用するようにしましょう。15歳未満の子どもが水疱瘡の時に服用できる解熱鎮痛剤はアセトアミノフェンだけです。それ以外はリスクの点から使用されていませんので注意してください。

 

15歳未満の子供が使えるアセトアミノフェン配合の市販薬
例:小児用バファリンCIIなど

 

風邪薬・花粉症薬使用時の注意点は?


風邪薬・副作用の代表的な副作用として眠気があります。そしてバルトレックスにも小さな副作用ではありますが、眠気の出るケースもあります。元々ある風邪薬や花粉症薬の眠気に更にバルトレックスの眠気の副作用が加わると大きな眠気になる可能性があります。寝る直前であれば何の問題もありませんが、これから外出するタイミングだったり、仕事中であれば大変です。というわけで、もしもバルトレックスと併用したいのであれば、眠気を誘わないものを選択しましょう。

 

風邪薬・花粉症薬を飲んだ際の眠気の元凶は「抗ヒスタミン薬」という成分です。眠くならない風邪薬・花粉症は2つの方法でこれに対抗しています。

 

抗ヒスタミン薬を元々含んでいない

代表例:パブロン50、改源かぜカプセルなど

 

眠くなる成分が問題なら初めから入れない、という方式を採った薬品です。とはいえ、抗ヒスタミン薬が入っていないということはくしゃみや鼻水を止める効果も弱いということになります。風邪の引き始め等のであれば問題ないのでしょうが、あまり激しい症状であるとこの選択は難しいかもしれません。

 

抗ヒスタミン薬の眠気にカフェインで対抗

代表例:コルゲンコーワIB錠TX、パブロンエースAX、ロートアルガード鼻炎内服薬など

 

眠くなる成分抗ヒスタミン薬に対して覚醒効果を持っているカフェインで対抗するという方式です。これならば、くしゃみや鼻水を止める効果を弱めることもなく眠気を抑えることが可能です。ですが、ここで問題になるのはカフェインの効果は個人差が大きいという点です。

 

カフェインを摂取すると体調を崩す人だったり、カフェインの効果が強すぎて逆に眠れない人もいるでしょう。その逆にカフェインの効果がまったくないために、結局強烈な眠気に襲われる場合も考えられます。個人差によってカフェインの効果にばらつきがあるのが最大の弱点です。

 

二つの選択肢はどちらも一長一短です。症状やカフェインとの相性も考えて眠くならない風邪薬・花粉症薬の選択を行いましょう。眠くなっても問題ない就寝前だけに飲むというのも一つの手です。

 

胃腸薬使用時の注意点は?


前項で既に説明したように、バルトレックスはたまに下痢・吐き気といった副作用が現れる可能性があります。その際に、胃腸薬を併用することで症状を抑えるのが有効です。

 

しかし、一口に胃腸薬と言っても様々な分類があり、実はバルトレックスと相性のいいものと悪いものがあるのです。まずは胃腸薬にどんな種類があるのか↓に書き出しましたのでご覧ください。

 

  • 胃の動きを活発にする(健胃薬、健胃消化薬)
  • 胃酸の分泌を抑える(H2ブロッカー)
  • 胃酸を中和する
  • 胃の粘膜を守る
  • 胃の筋肉のけいれんを和らげる
  • 消化酵素をそのもの含んでいる
  • 上記をバランスよく含む「総合胃腸薬」

 

この中で注意するべきは胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカーだけです。それ以外に関しては同時に服用しても問題ありません。

 

さらにH2ブロッカーすべてとの相性が悪いわけではありません。H2ブロッカーにも色々な成分を利用した物があり、その中でもシメチジンという成分がバルトレックスと相性が悪いのです。シメチジンはバルトレックスの血中濃度を上げてしまいます。そうなると薬の効き目が強くなりすぎてしまったり、副作用が強くなってしまう可能性があるのでこれは危険です。

 

シメチジン配合のH2ブロッカーの例

 

  • アルサメック錠
  • パンシロンH2ベスト

 

など

 

とはいってもシメチジンの入っていない胃腸薬を全て暗記する必要はありません。パッケージの裏を読めばどんな成分が入っているのかは全部書いてあるからです。

 

バルトレックスと併用する場合は胃腸薬のパッケージの裏を確認して、相性が悪いシメチジンが入っているものを避けましょう。

 

乗り物酔い止め薬・咳止め薬使用時の注意点は?


一見関係ない二つの薬品ですが、実は両方ともに共通する理由からバルトレックスとはあまり相性がよくありません。

 

全ての酔い止め薬・咳止め薬が相性がよくないのではなく、一部の薬品に含有されているテオフィリンとの相性がよくないのです。

 

胃腸薬のパターンとは逆にバルトレックスとテオフィリンを併用すると、テオフィリンの血中濃度が上がってしまい薬の効き目や副作用を強めてしまう可能性があります。

 

テオフィリンを含む薬品

  • 酔い止め薬:センパアAなど
  • 咳止め薬:ミルコデ錠A せき止めアネトン顆粒など

 

バルトレックスと併用する場合は薬のパッケージの裏を確認して、テオフィリンが入っているものを避けましょう。


http://www.webtorvet.com/ http://paintgods.com/ http://www.latourane.com/ http://www.louisvuittonatnordstrom.com/